中古住宅を購入する際に一番気をつけること

中古住宅を購入する際に一番気を付けること

それは、見た目のきれいさに惑わされない!

中古住宅でもクロスやクッションフロアを新しく貼ってきれいになっていると、とても良く見えます。

一見表面上はきれいでも買ってからたいへんお金のかかる家があります。

注意すべきは屋根・外壁・窓・床下・壁の中です。

家を雨風から守る一番大切な外側と簡単に見えないところこそが大切です!

中古住宅を見る時は、これから修理やリフォームにどのくらいのお金がかかるか?

修理は可能か?が最も大切です。

表面上きれいな中古住宅を1500万円で買い、1000万円かけてリフォームしなくてはならないとしたら?

表面がきれいになおしていない600万円の家を1200万円かけてリフォームしたほうがお得です。

 

 

リフォーム会社が見る「中古物件チェックポイント」

①希望の立地か?

②築年数と過去のリフォーム歴?

③見えないところの傷み具合、工法

④なおしやすいか?(2×4の家は間取り変更は特に難しい)

⑤近隣の環境(町内、行事、風習等)

上記は、最小限☑しておきたいポイントです。

 

中古住宅価格=購入価格+その後のリフォーム価格

 

 

一般的に不動産屋さんはリフォームのプロではありません。

建築士や建築施工管理技士など資格を持っている宅地建物取引士でも様々な工法で建てられている家をリフォームした経験がないと見た目ではわかりにくい中古住宅の問題点は把握されていない場合があります。

契約前に自分たちで再点検することがおすすめです。

以前、購入物件をいっしょに内見させてもらい調査したときに、

「シロアリは過去にいたけど今はいません」と説明された家でシロアリが見つかったこともありました。

また屋根瓦がボンドでつけてある家もありました。

立派な家でも断熱性能がない場合はリフォームにコストがかかります。

建てたときの建築基準で性能も異なります。

 

 

希望の場所にネットに物件が出ていなくても

希望の場所にネットに物件がなくてもこれから希望をお聞きして探すこともできます。

良い中古住宅はネットに出る前に売れてしまうことが多いので、ネットを毎日チェックするより希望の場所と条件、金額を伝えて探してもらうことをおすすめします。

情報は待たずに探しに行くほうが良い物件と出会えるチャンスも広がります。

以前、「探してほしい」と相談されたタイミングで「売りたい」と頼まれてマッチングしたケースもありました。

コンタクトを密にして希望の中古物件を見つけましょう。

 

 

期限を決めるのも大事

中古物件探しは期限を決めて探すのも大切なポイントです。

おおよその期限を決めておかないと、もっといい物件があるかもしれないと思い決められなくなります。

結果一生家探しを続けることになります。

この期間で探すと決めればチャンスもおのずとやってきます。

期限と予算が決まらないと出会いも見逃してしまうかもしれないですね。

 

 

 

 

 

お問い合わせ方法


お電話

フリーダイヤル 0120-384-246

または 0763-82-0473

【対応時間】営業日8時~17時

※休業日・・・水曜日、祝日

 

メール

無料相談よりお申し込みください。

ご入力いただいたメールアドレスにご返信、またはお電話番号にご連絡致します。

無料相談 問い合わせフォームはこちら 

【対応時間】24時間365日受信。返信は営業日に致します。

※休業日・・・水曜日、祝日

 

ミズカミ公式LINE

お客様がご利用のLINEアプリから、ミズカミ公式LINEアカウントを友だち追加できます。

LINEでの問い合わせ方法はこちら

【対応時間】24時間365日受信。返信は営業日に致します。

※休業日・・・水曜日、祝日

▼ボタンから友だち追加▼

友だち追加

 

▼QRコードを読み込んで友だち追加▼

 


ミントゥのいるくらし 株式会社ミズカミ

砺波市・南砺市・高岡市で新築、リフォーム、リノベーション、庭・外構工事はミズカミにお任せください

〒932-0314 富山県砺波市庄川町青島2270

TEL:0763(82)0473 FAX:0763(82)1403

Mail:info@mizkami.co.jp


 

ページトップへ