Q、どうして会社によってこんなに価格が違うの?

会社の考え方や社屋・社員数・広告費など・・・

 

住宅の価格表示方法は決まりがありません。

各社で自由に決めて掲載されています。

大手住宅メーカーさんでは、高級な素材や仕様になっているということもありますが、本社屋の経費、広告宣伝費や人件費を建物金額に付加しなくてはなりません。

逆に、低価格で家づくりを提案している会社では「1,000万以下で建てられる」という広告で実際に話を聞くと、60坪以上でなければその単価になりませんとか「屋外配管工事は別途です」「網戸や照明、エアコンはオプションです」などと言われて、結局そんな価格では建てられなかったとがっかりすることがあります。

会社によっては、利益を切り詰めて良い物を安い金額で提供される住宅会社さんもあるかと思いますが、中には、仕様の話もろくにせず契約をして実際住んでみると「寒くて後悔してしまった」という話もお聞きします。

どんな会社も利益が無くては存続していくことはできません。

アフターメンテナンスも大切な家づくりでは良いものを適当な価格で購入するのが理想ですね。

安かろう悪かろうという建物ではなく、しっかりした長く住まうことを考えた仕様材料を選択した方が結果安かったということになると思いませんか?

必ず抑えるべきところとしては、契約前に、建物本体はもちろん、照明や外構工事、諸費用、諸経費に至るまでの詳しい内容を確認して契約することが大切です。

トピックス|よくある質問 Q&A

ページトップへ