代表取締役 水上 幸俊(みずかみ ゆきとし) 自己紹介へ

注文住宅、リフォームは施主と施工業者の協力から生まれる。

 住宅、建物を建設する場合、法律に、建築主(発注者)と請負業者は「各々対等な立場で」いう条文があります。協力し合って目的を達成することが最も重要と考えます。

 

 住宅の打ち合わせをしていると、ご自分の家を「ご自分の責任において建てたい。」と真摯に思っている方は、先先といろんな諸々の問題点を聞いてこられて、私どもが聞き忘れていた部分も逃さず事前解決しておけることも多いです。つまりいい建物を創るために、大切なことは、施主と建設会社が協力するということです。どちらか一方だけが作り上げるものではないと考えます。設計図書はご自身の注文したい性能、デザインが網羅された客観的な情報です。何か問題が生じたら設計図書に戻ることが重要と思います。のちに誰が対処しても客観性を持った情報が建築依頼した時の設計図書です。設計図書は建築主の意思の総結集であるのですから。

 

(株)ミズカミ

 水上幸俊

1ページ (全215ページ中)