スタッフブログ

庭工事の総予算を決めることが最も大事

代表取締役 水上 幸俊(みずかみ ゆきとし) 自己紹介へ

昨日一昨日と庭のプレゼンでした。

 

隣の土地を購入できるということはとてもラッキーなことです。

昔から倍の金額を出しても購入しなさいと言われてきました。

しかし広い土地を持てば持つほど草の管理が大変になってきます。

庭にかかる施工コストも面積に比例します。

 

当然のことですよね。

 

暖かくなって、雨期になって草の伸び方も半端なくなってきました。

こんな状況の時に庭の工事を良く考えるようになります。

 

ヒアリングをして次の機会にプレゼン(提案)するわけですが、

大概の場合お客様の予算の見方が少なく見積もり額がオーバーの場合が多いです。

今回の場合かなりベストプランを提案しました。

もう一回のすり合わせということになります。

 

最大限どれくらい予算を出せるのか?

もしも、ご夫婦のお財布が別会計なら、

お二人で総予算の捻出会議が大切になります。

 

総予算に合わせた無理のない予算を聞かせていただくのが、

一番スピーディーに草から解放され、

癒しの空間にたどり着く方法だと思います。

 

理想のプランをご提示すると

「わぁ~、いいなぁ~。」と皆さん仰います。

整備された庭が本当に必要なのは、

お子様が泥遊びをする幼い小学校までの頃だと思います。

足の裏を裸足で歩いて脳を刺激していただきたい。

泥や外の空気に触れることで、

アトピーにもなりにくいといいますしね。

 

また私事ですが、子供は高校を終わると、どこに行くかわからない。

子どもと一緒にいる時間は本当に短いです。

その大切な時間を環境のいい空間で過ごしていただきたい。

ご相談させて頂くとき、常にそう思っています。

私たちの願いです。

 

(株)ミズカミ

水上幸俊

記事一覧

1ページ (全167ページ中)

ページトップへ