スタッフブログ

ミントゥ 自己紹介

転勤族の住宅購入事例

砺波の子育て、移住を応援♪
ミントゥママの砺波らいふです。

 家を建てようかな、買おうかなと思った時に「立地」はどのように選びますか?

よく聞くのが
「奥さんの実家の近く」希望。
富山だと
「親の持っている土地に家を建てる」ですかね。

ところが我が家はもともと縁もゆかりもない砺波へ転勤で引っ越ししてきて、
砺波に家を買うことにしたのです。

砺波に中古の家を購入した際理由は

  • 夫の勤務地まで車で15分程度だった
  • 砺波のアパートに住んでいて、このエリアを気に入っていた
  • 2歳になる娘がジャンプ大好きになり、アパートに住むことに限界を感じていた
  • 東京でマンションを購入する程度の価格で、一軒家に住むことができた
  • 家賃を払い続けるなら、自分のものになる家が欲しかった
  • 結局家を購入するなら早く買ってローンの返済を早く終わらせたかった
  • 買い物など便利な場所なのに、静かな住宅街にある家が見つかった

最初に家を購入したいと思ったのは私で、
夫は「転勤中でいつ東京に戻るかわからないし、東京に実家があるし」
と思っていたと思います。
私たちが富山に家を買うと伝えた後、義理母が泣いていたとも後から聞きました(^^;
涙の住宅購入から数年経った今、義理母との関係はとっても良好だと思っています。
孫である娘もLINEビデオ電話を使いこなし、すっかりおばあちゃん子です。

最近では長男の寝かしつけ時に長女が1人でテレビを見るのが怖い~となったのですが、
おばあちゃんにLINEのテレビ電話をして一緒に見てもらって乗り越えました。

住環境は生きていくためにとても大切ですよね。
多くの選択肢の中から自分たちにピッタリの家やライフスタイルを見つけることで
充実した生活を送ることができると思います。
我が家は転勤族でも中古住宅という選択をしてマイホームを購入しました。


ミズカミでは中古住宅+リフォームが得意です。
住みたいエリアで中古住宅探しからお手伝いすることも可能ですよ。
気になる方はミズカミとLINEでお友達になって最新情報をGETしてくださいね。

ミントゥママの砺波らいふ

記事一覧|2020年12月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ