ミントゥ 自己紹介へ

雨風での雨漏り調査

2015/12/04(金) ミントゥ

今日のような雨風のときは雨漏りの相談をいただくことが多いです。

 

普通の雨では雨漏りしなくても風で雨水が流される為雨漏りするんですね。

そんな場合は外観ですぐに原因を特定できることが少ないので天井裏に入ったり、屋根の一部をまくってみたりします。

 

雨風での雨漏りの原因で多いのは

 

瓦屋根の場合

①下地材の劣化 下地材が古くなって瓦が沈んで重なり部分から雨水が侵入します。

 この場合は瓦の葺き替えが締め直しをお勧めします。

 

②棟部分のずれ 棟の中の土が流れ出して棟がずれてきて雨漏りします。

 この場合は傾きが少ない場合はずれを直します。傾きが多い場合は棟を積かえします。

 

③風が強くて瓦の裏に水がはいった 劣化や施工不良がなくても条件がそろうと雨漏りすることがあります。数年前の台風のような時です。

 この場合は修理できません。昔の施工でルーフィングを敷いていない場合は葺き替えや葺き直しをするのも方法ですがその場合は全体の状態を見た上で場合によって工事をおすすめします。

 

板金屋根の場合

板金屋根で風によって雨漏りするのは壁等の部材との取り合い部分から入ることが多いです。水切りのかぶり深さ、立ち上げの高さ等を確認します

1ページ (全214ページ中)