スタッフブログ

代表取締役 水上 幸俊(みずかみ ゆきとし) 自己紹介

リフォーム詐欺は本当にあった!

 先月リフォームで訪問したお宅での話。「床下が水漏れしているか確かめてほしい。」という問い合わせであった。電話頂いてアポ取りすぐ訪問した。


 業者が訪問してきて「エコキュートの点検をします。」と言って住宅内に上がり込んだそうである。すぐに床下の点検を申し入れ、床下に潜って状況を写真に撮って、「水漏れしてます。お風呂の入れ替えをされたらどうか?」と提案されたそうです。その写真を見せていただいたが、土台の木に建て方時に塗っておく防腐剤が側面から見て水が見見込んだように見えた様子を水がしみ込んでいると主張したそうです。


 その時お客様が自分が過去に浴室のカランをご自分で取り換えて素人の腕で閉めたことを思い出された様です。たまたまこの二つの事柄が重なったために不安に思われそうです。お客様は浴室の全面リフォームは断って業者さんには帰ってもらったそうです。「水漏れは見てもらったほうがいいよ。」帰り際に言って言ったそうです。


 私が不思議に感じたのは、水漏れを直せる配管に詳しい人であるならば、すぐ同意を受け付け目の前の水漏れを止めてあげればいいのにと思ったのでした。何か変だな~と思ったのです。


 後日配管職人さんと一緒に訪問し床下に潜ってもらって確認してもらいました。確かに土台の木には色が変わった下部の部分が斑になっていましたが、その下の基礎コンクリートには全く水が垂れてきた形跡は見られませんでした。


 新聞やテレビでは色んなリフォーム詐欺の手口を紹介していますが、これはその詐欺の手口なのか!と面と向かって経験し実際にこのようなことが現実社会で起こっているのだなと痛感しました。


 エコキュートなどの点検に来るということは、丁寧な建設会社さんが定期訪問しされることはあるかもしれませんが、違う業者さんが来て床下に潜ることはあり得ません。施工してもらった業者さんか、信頼のおける方に見ていただくことをお勧めします。
お客様の住宅のご相談で訪問し、「何か変だな?」と感じることが多々あります。また気づいたときブログに書かせてもらいますね。

記事一覧

1ページ (全189ページ中)

ページトップへ