【空き家を放置しておくと、固定資産税が6倍になるって本当!?】

 

近年、日本国内で問題視されている「空き家」ミズカミはこれまで、さまざまな空き家活用のお手伝いをしてきました。

 

空き家を所有する一番の理由は「相続・譲渡」。遠い親戚や親しくしていた人から、予期せぬ相続を受けることもあり得るので、 
現在空き家を所有していない方も他人事ではありません。

 

現在、日本にはどれくらいの空き家があるのでしょうか。

 

国内の住宅総数に占める空き家の割合(空き家率)は過去最高の13.6%(2018年現在)、その数はなんと 848 万9000戸にも上ります。
その中でも、賃貸や売却用の空き家、別荘などの二次的住宅を除く空き家=「全く活用されていない空き家」はその数、348 万7000戸。

 

富山県内では、「全く活用されていない空き家」は32,200戸。空き家総数のうち半分以上が活用されていないのが現状です。

 

空き家は、防災、衛生の観点から問題視されることが多いです。
シロアリやハクビシンなどが空き家を蝕んでいく、倒壊すれば近隣住民にも被害が出る、景観を損なう、犯罪の温床になる、不法投棄されるなど、数多くのリスクがあります。

 

こういった経緯から、政府は2015年に「空家等対策の推進に関する特別措置法」を施行しました。この法律、簡単にいうと「壊れそう!」「近隣住民が危ない!」と判断された空き家(※)に対して、「住宅用地に対する課税標準の特例」がなくなり、所有者の金銭的負担が大きくなるというもの。しかも、一気に税負担が6倍になる場合も!

 

これまで、そのままにしておく方が税控除されるから…と空き家を放置してきた方々、空き家活用について真剣に考えなければならない時期がきたようですね。

 

(※)市町村が防災・衛生・景観の視点から修繕や取り壊しを求める「特定空き家」に認定された空き家のこと

出典:政府統計の総合窓口(e-Stat)(https://www.e-stat.go.jp/

 

 

【ミズカミの空き家活用】

 

それでは、どのように空き家活用すればよいのでしょうか。空き家活用には、さまざまな選択肢があります。

 

 

空き家の状態や立地、所有者がお住まいの場所などによって、適した活用方法が変わるのが空き家活用の難しいところ。

ミズカミはこれまでの経験を踏まえ、みなさまにとってどんな活用方法が一番よいか、一緒に考えます。

 

 

 

  

そして忘れてならないのが、リフォームするにしても解体するにしても避けられない「家財道具等の片付け」

 

忙しい日常の中で、「空き家をなんとかしたいけれど、片付けをする時間がない…」と二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。 

片付け業者に任せればもちろん楽ですが、コストがかかったり、思い出の品まで一緒に処分されてしまうのではと不安になったりとデメリットもありますよね。

 

ミズカミは、ご家族に寄り添いながら片付けのお手伝いを一緒にさせていただいています。
家族や関係者が一緒になって片付けを行えば、気持ちもスッキリ!家への愛着が湧き、次のステップに進みやすくなるのです。

 

また、空き家購入や活用で悩む方々の多くが、リフォーム後のイメージをできずにいらっしゃいます。
「空き家をリフォームしたら、どんな風に生まれ変わるの?」という不安です。
私たちはこれまで多数のリフォーム実績があるので、施工実例を見ながら方向性を決めていくこともできます。リフォーム事例

 

また、リフォーム後の生活をみなさまが事前にイメージできるよう、リフォーム前に収納計画を共有することで、「リフォーム後に物が溢れちゃった!」なんてことも避けられます。

私たちは、この砺波地域に生まれ育ちました。この土地の歴史を知っているからこそ、おすすめ物件の活用方法を具体的に提案することができるのも強み。
空き家の売却を考えているなら、他の地域からの移住を考えている方とみなさまをお繋ぎする不動産仲介もしています

 

 

【ミズカミによる空き家活用事例】

それでは、これまでミズカミが行ってきた空き家活用事例をご紹介しましょう。

 

 

〈空き家→店舗付住宅に|コーヒーと焼きたてパンの店・霜月〉

 <外観BEFORE> ➡                  

<外観AFTER>

 

<内観BEFORE>➡

<内装AFTER>

 

 

焼きたてパンとコーヒーの店「霜月」オーナーの福井久佐志さんは、バリスタの同級生と一緒にパンとコーヒーのお店を開きたいと、空き店舗を探しておられました。
ミズカミはそんなお二人に、もともと民家だった空き家をご紹介。

 

築88年・木造2階建ての古民家が、リノベーションでお二人のイメージぴったりに生まれ変わりました。
完成したお店を初めて見たときはその変貌っぷりに正直とても驚かれたそう。

 

お店は2018年12月にオープン。焼きたてパンとコーヒーが楽しめるお店として、すでに地域から愛されています。

 

霜月さんで行われたワークショップ「空き家活用作戦会議」の様子はこちらからご覧いただけます。

 

 

駐車場として活用

 

空き家そのものを活用するのは難しい…!そんな時は、場所により解体・整地して駐車場として活用する方法もあります。

 

 

料亭から民泊へ|河本楼

 

<BEFORE>➡

 

歴史ある建物を、違う業種で活用する事例もあります。

かつて、砺波市出町で料亭として人々から愛されていた「河本楼」。閉店後、活用されないまま眠り、雨漏りもひどく家全体が傷んでいました。

 

そこで立ち上がったのは、料亭店主だった河本覚太郎さんのお孫さん。
放置されていた空き店舗を、町の歴史を伝えるコミュニティスペースと、観光客を受け入れる民泊として活用しようと決めました。

 

現在リフォーム中で、2020年中のオープンを目指して準備を進めています。

 

 

〈元おまんじゅう屋さんが自慢の家へ|谷村さんご一家〉

 

<外観BEFORE>➡

<外観AFTER>

 

<内装BEFORE>➡

<内装AFTER>

 

 

<壁を取り払い、広々ダイニングキッチンへ。奥の襖も張り替えた>

 

 

マイホームが欲しいけれど、土地を購入して新築を建てるのはハードルが高い…という方に朗報です。

中古住宅購入+空き家リフォームなら、工夫次第で自分好みの住まいをよりお手頃価格で実現可能ですよ

 

谷村光央さん・由美子さんご夫婦は関西のご出身。仕事の関係で富山に越してきてから5年目、社宅を出て家を持つことに決めました。
新築を建てるより、空き家をリフォームした方が自分たちの希望の場所に「マイホーム」が持てるかもと、土地の良さを重視して家探しを始めたお二人。

 

ミズカミがご紹介したのは、元々は地元に愛される「おまんじゅう屋さん」だった物件。築26年で10年前に閉店してから、空き店舗状態が続いていました。

 

こだわりは、光央さんによるDIY家具たちと、由美子さんがセレクトした個性あふれる照明たち。
そして息子さんたちと一緒にDIYで作った自慢のウォークインクローゼットです。
襖も、モダンなデザインに張り替えました。こうして家づくりに家族全員が関わると、愛着がわきますよね。

 

ご家族の声は、下記のインタビュー記事からもご覧いただけます。

「【空き家リフォーム】こだわりの詰まった長屋に突撃」    

前編    後編

 

 

 

〈空き家購入→戸建賃貸に|瀬川さん〉

いつか駐車スペースか子供たちの住まいに活用しようと、自宅の隣家を購入した瀬川さん。今すぐ空き家を自分で活用する予定はないけれど、そのままにしておくのももったいない。そこで、空き家をリフォームしてから賃貸物件として活用することにしました。

 

借り手探しもミズカミが全面サポート。

 

 

〈まず片付けから|Oさん〉

砺波市内に空き家を所有するOさん。今の住まいは東京なので、もう砺波に戻るつもりはないけれど、家中に溢れる家財の処分で悩んでこられました。
そこで、ミズカミに空き家の片付けをご相談いただき、一緒に処分を進めました。

 

あえて、ミズカミが自分たちの手で片付けることをご提案するのは、片付けたあとのご家族の清々しい笑顔を知っているから。

自分たちで手を動かすことで、生まれ育った愛着のある家を活用したい!という前向きな気持ちにもなれるのです。Oさんもその一人。
現在、思い切って家の売却に向けて準備を進めています。

 
◆空き地・空き家・中古物件の買取をしております

ミズカミでは、空き地・空き家・中古物件の買取を行っております。

空き地・空き家の管理でお困りの方は、お気軽にご相談ください。 

 

 

お問い合わせ方法


お電話

フリーダイヤル 0120-384-246

または 0763-82-0473

【対応時間】営業日8時~17時

※休業日・・・水曜日、祝日

 

メール

無料相談よりお申し込みください。

ご入力いただいたメールアドレスにご返信、またはお電話番号にご連絡致します。

無料相談 問い合わせフォームはこちら 

【対応時間】24時間365日受信。返信は営業日に致します。

※休業日・・・水曜日、祝日

 

ミズカミ公式LINE

お客様がご利用のLINEアプリから、ミズカミ公式LINEアカウントを友だち追加できます。

LINEでの問い合わせ方法はこちら

【対応時間】24時間365日受信。返信は営業日に致します。

※休業日・・・水曜日、祝日

▼ボタンから友だち追加▼

友だち追加

 

▼QRコードを読み込んで友だち追加▼

 


ミントゥのいるくらし 株式会社ミズカミ

砺波市・南砺市・高岡市で新築、リフォーム、リノベーション、庭・外構工事はミズカミにお任せください

〒932-0314 富山県砺波市庄川町青島2270

TEL:0763(82)0473 FAX:0763(82)1403

Mail:info@mizkami.co.jp


 

トピックス|不動産買取相談

ページトップへ