ページトップへ

アフターメンテナンス

建てた住まい、長持ちさせるには

せっかく建てた住まい、長持ちさせるには?

法隆寺や薬師寺の東塔が、1300年以上の命を保っていることを知った時、外国の人々は「木でできた建物がなぜ?」と驚きを露わにしたといいます。その理由として、木という素材の持つ素晴らしさと、その木を組み上げた匠の技があったことはもちろんですが、もう一つ、大きな理由があります。

それは、後世の大工によって、丁寧に修理を重ねられてきたということ。どんなに素晴らしい建物も、きめ細かなケアと適切な修理なしには、健康な状態で生き続けることは難しいのです。

 

なんてん

 

リフォームで培った実績を生かす

ミズカミは長年にわたり、リフォームの仕事を手がけてきました。水道のパッキン一つ、棚板一枚から始まって、建替えに近い大規模リフォームまで、あらゆるリフォームをこなす中で、様々な建物に対する知識と経験を重ねました。

じつはリフォームというのは、新築以上に手がかかるもの。なぜなら、中がどうなっているか、開けてみなければわからないことがほとんどだからです。「古きをたずねて新しきを知る」と言われるように、ミズカミはリフォームを通して、住まいづくりに対する自信を培ってきました。それだけに、「ミントゥの家」のアフターメンテナンスに関しては、どこにも負けないと自負しています。"どうぞ安心して私達にお任せ下さい"と、胸を張って申し上げたいと思います。

リフォームで培った実績を生かす   リフォームで培った実績を生かす

 

最後まで責任をもってケアします

「ミントゥの家」は、《夢ハウス》のノウハウが結実した、本物志向の住まいです。無垢の木の構造材は調湿作用を持っており、内装材にも無垢の木や珪藻土クロスなどを使っているため、日常のメンテナンスが楽で、汚れも目立ちません。適切な時期に、的確な処置を施してやれば、ふだんはほとんど手のかからない家だと言えます。

お客様は大船に乗ったつもりで、安心して日々の生活を楽しんでください。「ミントゥの家」は、建てた私達が責任を持って、その寿命が尽きるまでケアすることをお約束いたします!

 

日常のメンテナンスが楽

日常のメンテナンスが楽

自然素材のリフォーム、
バリアフリーリフォームはお任せ

「ミントゥのリフォーム」もあわせてお読み下さい